波柄

釜揚げの作り方

IMG_3697.JPG

「釜揚げきしめん」 の前で出来たてのきしめんが食べられる

創業70年以上の昔ながらのきしめん屋です。

目の前の大きな特注二重釜で湯を沸かして、茹で上げ。

お好みの固さで茹であげます。

TV・雑誌で人気!

​ムロアジでとった甘みをきかせた出汁に、薬味の生姜と大根おろしがピリッとアクセントになっています。お好みで生卵を麺つゆに入れて、麺と絡めてお召し上がりください。

一八名物の「釜揚げきしめん」のし上がり方

大きな特注の釜で、目の前で茹で上げる当店名物「釜揚げきしめん」は、腰のある手打ちのきしめんで、つるんとしたのど越し。

麺の太いうどんでは味わえないのど越しです。

出汁の効いた特製ツユに擦りおろしショウガ、大根おろし、ネギ、タマゴを入れてお召し上がりください。薬味は全部入れた方が美味しいですよ!

1
きしめんを窯に入れる様子_edited.jpg

まずは釜にお湯を沸かし、沸騰したところで当店の者がきしめんを入れさせて頂きます。

2

特製の大釜で、目の前できしめんを茹で上げ!

きしめんを茹で上げる様子_edited.jpg
3
吹き上がる窯のフタ_edited.jpg

フタの真ん中に穴が空いていて、ブクブクと吹き上がってきます。

蒸気が目の前で吹き上がり食欲をそそります!

4
びっくり水を差す様子_edited.jpg

当店の者が穴をめがけて冷水を差します。(びっくり水)

5
茹で上がったきしめん

しばらくするとフタのふちからもブクブクしてきますので、固さをチェックして完成です。

6
釜揚げきしめん

お好きな薬味を入れてご賞味ください。

​​(全部入れると美味しいですよ!)

腰のある手打ちのきしめんは、ツルンとしたのど越しです。

​アク

地図

【鉄道】
名鉄常滑線「大江」駅徒歩3分

【車】
国道247号線 港東通交差点から北50m

​【その他】

ビバモール名古屋南(ホームセンター『ビバホーム』)南へ700m

​【駐車場】

駐車場は店舗西側にございますのでご利用ください。

波柄

合せ

電話
052-611-1023